よくある質問を下記にご紹介します。

下記以外にもご質問などあると思いますので、メールでお問合せください。 info@trustoffice.jp

このシステムのメリット・デメリットは何ですか?

(メリット)
月額3000円の低価格で、生保損保対応、報酬計算など自動化できる点です。

(デメリット)
自社の業務に合わせてフルカスタマイズには向かない点です。
保険代理店の事業は、大手でも中小代理店でも、大まかなフローは同じだと考え、
予め基本機能は設計し、カスタマイズは最小限で済むように開発しています

ITが苦手なのですが、大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。

シンプルなデザイン、設計となっているので、すぐに理解ができますし、
定型的な業務は、一度覚えれば、使う箇所は同じですので、問題ないと思います。

それでも悩んだ場合は、お問合せ頂ければ、サポートします。

保険業法には対応していますか?

はい、対応しています。

自主点検や体制整備などを想定して作っています。

但し、自主点検や体制整備はシステムだけではなく、業務運用も大切になりますので、
システム導入と業務設計はセットで検討が必要です。

カスタマイズできますか?

はい、できます。

カスタマイズは、①ご要望をお聞きして当社がカスタマイズをするパターンと、②ノーコード(プログラミングなし)でカスタマイズの2パターンです。

①は報酬計算やレポート作成など、計算させたり、給与明細を作成したり、すこし複雑なパターンで、個別のお見積りさせて頂きますので、ご相談ください。

②はノーコード(プログラミングなし)で、項目の追加や削除をするなど簡単なカスタマイズです。少し操作の慣れが必要ですが、ITスキルは不要ですので、自社で対応可能になります。

※②ノーコードは2024年夏ごろにリリース予定です。

既に別のシステムを使っていますが、乗換はどうしたら良いでしょうか?

使っているシステム次第になりますが、現在のシステムから顧客情報などがダウンロードできる場合はダウンロードしてください。
そのダウンロードしたエクセルなどを、当システムにインポートできるように加工し、インポートします。

但し、既存のシステムと当システムで、項目の種類が数が違いますので、完全に移行はできないかもしれません。

また、データ移行が難しい場合、既存システムのアカウントを1つだけ残して、その他は当システムを中心に利用し、既存システムで確認が必要な時にだけ使用するなどで対処すると良いです。

既存システムからのデータ移行は、「移行ツール」を作ることで、システム的に対応できるかもしれませんので、ご相談ください。

セキュリティは大丈夫ですか?

◆ISMSを取得
ISMS(国際的なセキュリティの認定)を取得しております。
セキュリティ対策及びセキュリティマネジメントを実施し、毎年監査を受けています。

◆世界トップシェアのAWS環境
世界トップシェアのアマゾンウェブサービス(AWS)環境を採用しています。
最新のセキュリティ状態を保ち、不正なアクセスの遮断、機密情報の漏洩を防ぎます。

AWSのセキュリティ方針についてはこちら
https://aws.amazon.com/jp/security/

◆機密情報は暗号化して保管
ユーザーアカウントのパスワードは暗号化して保管しています。
万が一、悪意のある第三者が盗み見ようとしても、解読できないようになっています。

◆暗号化されたセキュアな通信
youwillへの通信は常に SSL によって暗号化されています。
第三者によるデータの改ざんやなりすまし、通信内容の漏洩を防ぎます。

◆権限の管理
操作権限、閲覧権限などを設定・管理することができます。
役職や部署に合せて、情報へのアクセス制限することが可能です。

◆不正アクセス防止
不正なアクセスを常に記録しています。
不正なアクセスを監視し、直ぐにアクセスを遮断する体制が整っています。

300人ほどの代理店でもメリットはありますか?

はい、あります。

まず、コストメリットが大きいです。

例えば、現在のシステムの利用料が月額8000円だとすると、本システムは月額3000円ですので、月に5000円のコスト削減になります。年間で6万円のコスト削減です。

300人の場合、年間6万円×300人=1800万円のコスト削減になります。
大手の代理店でも、1人1人の募集人は、面談記録や意向確認の記録が中心ですので、本システムで問題ありません。

管理者も、初期カスタマイズで必要な報酬計算やレポートの作成をしますので、事務工数も大幅に減少します。

そういった点から、大手代理店でも大きなメリットがあります。

IFAも始めました。使うメリットありますか?

はい、あります。

IFAの場合、証券会社のシステムに面談記録などを残す必要がありますので、その点はカバーできていませんが、

「保険、証券の見込案件の管理」、「保険、証券の報酬計算」など、
保険代理店向けではありますが、証券に関する部分も初期カスタマイズでカバーできます。

共同GWとの連携はどうするのですか?

一番多いのは、保険会社のシステム(例:東京海上のTNETなど)からダウンロードしたCSVを、YouWill-CRMにアップロードします。

契約データはCSVを読み込むと、自動で保有契約一覧に反映します。

PAGE TOP